室内で出来るテニスで使う腹筋のトレーニング・筋トレメニュー

テニスのトレーニングメニューというと、チューブ・ウェイトなどのトレーニング器具を使ったパワー系のメニュー、ランニング・ダッシュ・ラインタッチなどの持久・瞬発系メニュー、室内で出来る腹筋や背筋などの体幹を鍛えるバランス系メニューのトレーニングが有名です。

現在はプロテニス界でもラリーが長く・速くなってきたことで、フィジカルの充実が最重要課題になっています。そんな中正しい姿勢でボールをとらえるための脚力と体幹の筋力が重要になってきています。

テニスの上達に効果的なトレーニングは、主に筋肥大を目的としておらず、身体を柔軟かつ安定させることに重きを置いています。

ボディビルダーの様にムキムキになる必要はありません。

では、今回はそのような高機能を果たすために必要な腹筋を鍛えるためのトレーニング方法を紹介しましょう。

テニスの上達に効果的な腹筋のトレーニングメニューは?

先にも書きましたが、テニスの上達に腹筋の筋肥大や、6パックに割れた筋肉は必要ではありません。

柔軟性のない筋肉は、体幹を固くし、腰を回転させて打つテニスでは無駄になってしまうのです。

では、テニスの上達に効果的な腹筋のトレーニングメニューとはどのようなものなのでしょうか?

テニスの腹筋トレーニング方法1:バランスボール+フロントブリッジ

テニスの腹筋の鍛え方として大切なのは動かずに耐えられることと、いかにバランスが悪い時にもしっかりと腹筋で支えられるかです。

その2つの要素を兼ね備えたテニスの上達に効果的なトレーニングメニューがこのバランスボールとフロントブリッジを融合させたトレーニングです。

バランスボールの上に肘を置き、腰が反ったり、くの字になったりしないように腹筋で支えながらつま先と肘で身体を一直線に支える筋トレ方法です。

これは、不安定なものの上で安定感を養う、つまり相手に動かされても体幹がまっすぐと耐えられるようにするメニューです。

テニスの腹筋トレーニング方法2:リバーストランクツイスト

テニスはボールを打つ際に横っ腹にある腹斜筋で体の回転を止めてその慣性で、ラケットを振り出しています。この腹斜筋で体の捻りにストップをかける感覚がとても重要なのです。

そこで、このリバーストランクツイストでは、仰向けに寝転がり、足を天井に向けて伸ばし、それを左右にねじって戻すを繰り返すことで、腹筋の中でもよりテニスのボールを打つ動作に重要な筋肉をトレーニングします。

この筋トレは、見た目以上に辛いトレーニング方法ですので、正しい方法で出来ないのであればテニスに効果があるトレーニングメニューとはいえども、補助を付けて正しい方法で筋トレをするようにして下さい。

まとめ

このように、テニスに必要な腹筋のトレーニング方法をすることが、大切です。ただただ毎日のように腹筋を何千回もするのは、メンタルトレーニングとしては効果的ですが、テニスに使える筋肉を鍛えることにはなりません。

正しいテニストレーニング法をすることで、テニスに使える筋肉を身に着けることができるのです。正しい筋トレ法を守りましょう。

あなたのテニスのパフォーマンスを上げるには、腹筋のトレーニングだけでは不十分です。腹筋以外の筋肉も、バランスよく鍛えましょう。


☆もっと詳しくテニスの”本質”を学びたい方へ☆





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る