家で出来るテニスのトレーニングとして効果的な腕立て伏せの正しいやり方

テニスの腕のトレーニング方法として、腕立て伏せは部活動や、家などの室内での筋トレメニューの定番になっています。

しかし、正しいやり方やフォームで腕立て伏せに取り組めているテニスプレーヤーはほとんど皆無です。

また、腕の筋肉を鍛えるとテニスに悪影響が出るという意見もありますが、正直トレーニング器具を使ったウェイトトレーニングではなく、腕立て程度の自重トレーニングで、そこまで筋肉がつくことはないでしょう。

いくら筋肉量が増えてもストレッチを欠かさずにしていれば、柔軟性が失われることはありません。ジョコビッチでも錦織でもナダルでも厳しく追い込んだトレーニングのアフターケアを欠かしません。

腕立てで鍛えられる胸筋や腕の筋肉は、テニスにおいてラケットを安定した軌道で動かすための補助や、咄嗟のブロックの時に使います。

今回は、正しい腕立て伏せのやり方を解説します。

テニスに効果的な筋トレメニュー!腕立て伏せの正しいやり方とは?

あなたは、テニスの腕や胸の筋肉のトレーニングの王道である、腕立てを正しくできているでしょうか?そのチェックポイントを細かく見ていきましょう。

正しい腕立て伏せのやり方1:手を置く位置

これは、胸筋を鍛えるか、二の腕の裏の三頭筋を鍛えるかによって変わりますが、基準となる手を置く位置があります。

まずうつ伏せになり、両手を横に伸ばし、脇の下を90度開きます。その肘の位置に手のひらをつくようにします。そこが腕立て伏せの基本の手の置く位置になります。

それよりも手を開くとより胸筋に効きますし、逆に狭めると二の腕の裏の三頭筋に効果があります。

正しい腕立てのやり方2:肩甲骨を寄せたまま上下する

このポイントを抑えられていない腕立てをする人が多くいます。

まず、自分の肩甲骨を寄せる感覚がない人も多くいます。そういう方は手を背中の後ろで組んで、胸を張ると肩甲骨が寄る感覚がわかるでしょう。

手を正しい位置に置いたら、肩甲骨を寄せて肘を曲げ、その後上体を持ち上げる時も肩甲骨が寄った状態を保ちながら行います。この時に肩甲骨が開いてしまう人が多いので気をつけましょう。

正しい腕立てのやり方3:体を1本の棒にする

腕立て伏せをする際に、肩から足までが常に一直線になるように、腹筋や背筋などの体幹を意識してトレーニングします。

よくあるのは上下する際に、体がくねくねと曲がってしまったり、お尻が高く上がってしまい山のようになってしまったりすることです。体が全くぶれずに筋トレをすることが大切です。

正しい腕立てのやり方4:顔を前に向ける

これも下を向いたまま腕立て伏せをやってしまう人がほとんどで、正しいやり方の人が少ない点の一つです。顔を下に向けると、背中が丸まりやすくなり姿勢が直線になりにくいのです。

しっかりとまっすぐ顔を前に向けることで、体を一直線にすることをより意識できるようになります。

まとめ

このように正しい腕立て伏せをすることで、自分の腕や胸筋を鍛えることができ、テニスにおける上体の安定感がより安定するようになります。また、体幹を意識しながらトレーニングすることで、効果をより上げることができるのです。

どんなテニスに効果のあるトレーニング方法も、きちんと正しいやり方で筋トレをしないと、その効果を発揮しません。

理論的に正しいフォームややり方をすることがテニスの上達を支えるフィジカルやメンタルの充実にまで繋がるのです。


☆もっと詳しくテニスの”本質”を学びたい方へ☆

無料メールマガジン「ロジカルテニスのすすめ」
【完全無料】テニスの本質をギュッとまとめた2週間講義はこちらから!

オンラインテニススクール「テニスプレーヤー養成所」
慶應義塾大学卒の現役テニスコーチのレッスンがたったの300円で受けられる!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る