テニスは腹筋で打つ!体幹トレーニングの必要性とは?

テニスの上達に効果があるとして体幹を鍛える筋トレメニューが注目されています。

怪我の予防やボディバランスを整えるために体幹トレーニングはどのスポーツでも重視しています。

しかし、アマチュアのテニスプレーヤーにとって、体幹トレーニングのメニューをわざわざトレーナーさんに作ってもらって、毎日のように自分で家で行うのは厳しいでしょう。

そこで今回はテニスに必要な体幹をテニスの練習やプレー中に意識して使う方法を考えてみたいと思います。

テニスで体幹トレーニング!?筋トレなしで体幹を鍛える方法

実際のところ、テニスというスポーツは意識をしなくても体幹が鍛えられます。

テニスの王子様が好きすぎるテニス未経験者が素振りを毎日し続けたら、33kg痩せたというエピソードもあります。

つまり、特別なトレーニングをしなくても、テニスをすることで体幹をはじめとした足腰を鍛えることが出来ると言えるのです。

しかし、そのためにはただブンブンラケットを振ったり、走り回ったりするだけではいけません。

では、どのような意識を持てばテニスをしながら体幹を鍛えることが出来るのかを考えていきましょう。

テニスで体幹を鍛えるためには「ボールを体幹で飛ばすこと」を考えると良いでしょう。

この意識を持てるようになると、テニスのプレー中に体幹を鍛えられるだけでなく、スイング自体も安定します。

元世界ランキング4位の女子テニス選手クルム伊達公子選手も「調子のいい時はボールを腹筋で打っているイメージが出来ている」と言っていました。

体幹でボールを飛ばすコツと意識の仕方は、ボールを打つときに息を吐いて体幹部をしっかり締めることです。

全身が中心に集まってくる感じがするでしょう。

これが出来るとビュッと鋭いスイングでボールを飛ばせるようになるでしょう。

まとめ

このように、意識1つでテニスのプレー中に体幹を鍛えることが出来ます。

筋肉はピンポイントで意識すると使いやすくなります。

腹筋をする時に手を腹筋に当てるとより良いトレーニング効果が出るのはこのためです。

ぜひ「体幹で打つ」ということを意識してみて下さい!


☆もっと詳しくテニスの”本質”を学びたい方へ☆







関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る