ラダーを使ったテニスのフットワークトレーニングメニュー

テニスのフットワークで重要なのは、コーディネーション能力という意識と動きを近づける能力があるかどうかです。

ボールがどのくらいの距離感にあって、どのように近づくか意識をしても思い通りに身体が動かないという経験ありませんか?

今回は、テニスのフットワークトレーニングとして効果的なラダーでの練習方法やメニューを紹介します。

コーディネーション能力はジュニア時代に鍛えるのが一番効率的だと言われていますが、大人になっても全く効果がないわけではありません。継続すると効果が出てくるでしょう。

ラダーを使ったフットワークの練習メニューとコツ

さて、あなたはラダーを使ったトレーニングを経験したことはありますか?

ラダーとは日本語で梯子を意味し、トレーニングではそれを様々なステップで駆け抜けます。

これは、脳から出された運動指令を精度良く足が再現することが出来るようにするトレーニングです。

つまり、今までボールの後ろに入って良い打点で打てていなかった人は、このコーディネーションが足りていなかったのです。

ラダーが身近にない方は、地面に線を描いたり、縄等で自家製ラダーを作ってもいいでしょう。

では、具体的にラダーを使ったフットワークトレーニングのやり方についてみていきましょう。

 

 

このように、様々なフットワークの種類で駆け抜けていくのがラダートレーニングです。

ここで紹介されているトレーニングの種目を行うことで、自分がしたい足の動きと自分がしている足の動きの差に驚くはずです。

このトレーニングのコツとしては、視線を出来るだけ上げてラダーを見ないようにすることです。

普段テニスをする時に、足元を見てフットワークをしませんよね?

ですから、ラダーも慣れてきたら目線を遠くに向けたままで出来るようになりましょう。

とはいっても、最初は途中で止まってしまったり、複雑な動きは頭がこんがらがって足へ間違った指令を送ってしまうことが多いです。

ですが、ミスはトレーニングを続ければ続けるほどなくなります。

すると、ボールに近づくときの足の使い方が抜群に良くなり、ピタッとボールのところで止まって思い通りの打点で動けるようになります。

まとめ

多分初めてやる方は、紹介した動画の様にスタスタとリズムよくすすむことが出来ません。

そんな時は、あまり考えようとしないで上手な人の動きをマネするくらいの感覚でやると上達が早いでしょう。

考えるよりも見て学ぶということを意識してください。

今できない動きが出来るようになる、それだけでも大きな進歩だと思いませんか?


☆もっと詳しくテニスの”本質”を学びたい方へ☆







関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る