家で出来る!試合に強くなるテニスのメンタルトレーニングのやり方

テニスのトレーニングの中でも、ひとつ異質なのがメンタルのトレーニングです。

今回は家で出来る簡単なメンタルトレーニングについて書いていきます。トレーニングというと、腕立てや腹筋などの筋トレを想像するのではないでしょうか。

しかし、テニスはフィジカルだけでなく、メンタルが大部分を締めるスポーツなのです。集中力を試合中いかに上げるか、保つかというのが重要になってきます。

では、日頃からどのような方法でメンタルトレーニングを取り入れていけばいいのでしょうか?

メンタルトレーニングは、自分の感情をコントロールすることを目的とします。

あなたの技術・フィジカル・戦術を最大限に引き出すために、メンタルが重要です。

試合になるとビビッて負けてしまう!メンタルを整える方法とは?

先にも書きましたが、テニスはメンタルに大きく左右されるスポーツです。個人競技ということもあり、自分が崩れたら即座に立ち直る術を知っていることが重要なのです。

例えば、今の世界ランキング1位のジョコビッチ選手は、相手が素晴らしいショットを打ってきても、自分が酷いミスをしても大抵1ポイント、長くても1ゲームでメンタルを回復してきます。これが他の選手とは全く違うところでしょう。

まずは、「メンタルが強い=動揺することがない」ではなく、「メンタルが強い=メンタルを回復させるのが早い」ということを覚えておいてください。

さて、テニスの試合中自分の集中を妨げる要因として、怒りの感情があります。ひどいミスをした、調子が上がってこない、相手がとても調子がいい…などいくらでも心の中が怒りでいっぱいになってしまう体験を一度はしたことがあるのではないでしょうか。

それは、日常生活でも同じだと思います。そんな日常生活の中で、試合中集中力を切る原因になる怒りを抑える練習をしておくのです。そのメンタルトレーニングの方法は、家でもどこでもできて簡単です。

みなさんも経験したことがあると思いますが、実は自分が怒っている核の部分は大したことではないという場合がほとんどだということに気づく練習をするのです。

例えば、私の場合テニスコーチですので、教え子が良い成績を残した時、悪い成績を残した時に外でみている人たちにたくさん評価をされます。

良い成績を残した時はちやほやされ、少しでも成績が落ちると気が抜けていたんだと批判されます。

そうすると少なからずイライラしますよね?

でも、その怒りの核までさかのぼると「自分と教え子はお互い最大限の努力をして試合に臨んだのに、なぜ何も知らないあなたに批判される必要があるんだ」というところにたどり着きます。

そうしたら、ふと「教え子と自分が頑張っていたという事実は変わらないのだからいいのではないか?」という優しい感情になれたのです。

つまり、怒りの核まで冷静にさかのぼる練習を日常からしておけばいいのです。

つまり、試合中もミスをして怒りでいっぱいになったときに、コートのせいか?風か?等の雑念に惑わされないで、ミスをしている原因まで冷静にたどり着けるようになるスピードを上げることがこのメンタルトレーニングなのです。

まとめ

今回は、テニスの試合の集中を惑わす精神の怒りの部分をうまく整理できるようにするメンタルトレーニング方法を紹介しました。

この方法を用いると、テニスだけでなく日常生活からうまく回るようになります。

このように、メンタルトレーニングは、筋トレなどのトレーニングとは少し違い、回復する練習をしている感覚で行ってください。

あなたのパフォーマンスはメンタルとフィジカル両面の充実が重要なのです。


☆もっと詳しくテニスの”本質”を学びたい方へ☆







関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る