テニスのメンタルトレーニングメニュー!練習通りのプレーが出来ずに試合に負けるあなたへ

テニスはフィジカルのトレーニング方法と、メンタルのトレーニング方法どちらも知っている必要があります。

メンタルは勝負の際を決める重要な要素です。心技体といいますが、技術と体力で競り合えば最後は気持ちの勝負になるのです。

元世界ランキング1位のノバク・ジョコビッチ選手も、決してフィジカル・技術・戦術面で他のプロテニスプレーヤーを圧倒しているというわけではありません。

しかし、戦績はレジェンドと比較してもジョコビッチ選手はずば抜けています。その差はメンタルの強さにあるのです。

試合に集中できないあなたにおすすめの集中力トレーニングのやり方

まず、断っておきますが、メンタルトレーニングの方法は1つではありませんし、人それぞれ違います。

しかし、全員共通なのは「メンタルが強い=集中が途切れない」ではなく、「メンタルが強い=集中が切れてももう一度コントロールできる」というところです。

なぜなら、人間は誰でも集中を1試合の間保つことなど不可能だからです。

では、集中をここぞというときに高めるために、普段家やオンコートの練習で出来るトレーニング方法を紹介します。

集中力が切れた状態というのは、自分の意識や注意が散漫になっている状態のことを言います。自分が何を考えているのかわからない、いわゆる頭が真っ白な状態です。

テニスの錦織圭選手も、2015年の全仏オープンでツォンガ選手と戦った際に、「試合がトラブルで中断になるまで頭の中が真っ白で、作戦や技術的な注意点に至るまで何も考えられなくなっていた」と試合後にコメントしていました。

つまり、その頭が真っ白になったり、注意力が少しでも散ってきたときにそれを一点に戻すメンタルトレーニングを普段からしておく必要があります。

もし、家でこのトレーニングをやるなら、寝る前電気を消し、目をつぶり自分の呼吸に全神経を注ぐ練習をしてください。最初は難しければ、呼吸の回数を数えてください。

いわゆる瞑想ですね。

また、普段の練習でメンタルを鍛えるには、こんな方法があります。

試合を待っている間やポイント間にボールの毛羽立ちをじーっと見続けることに集中する、ガットの一点を見ることに集中するななどです。

とにかく一つのことに集中することで自然とこんがらがって散漫になっていた意識や注意が整理され、結果的に集中力が高まるのです。

まとめ

このように、テニスのパフォーマンスや、ゲームへの集中には一見関係なさそうでも一つのことに集中する練習を普段からしておくと、いざ試合で集中が切れてしまったときにもう一度すぐに戻すことができるようになるのです。

とにかく無心になりその行為に集中をすべて傾けることができれば、あなたの試合中のテニスも変わってくるはずです。

しかし、テニスは一方でメンタルのせいにしがちなスポーツでもあるのです。本当は技術やフィジカルに問題があるのに、目に見えないメンタルのせいにしているなんてことがあるのです。


☆もっと詳しくテニスの”本質”を学びたい方へ☆

SNS「慶應義塾大学卒テニスコーチの無料相談口」
【完全無料】テニスに関する全ての質問にお答えします!

無料メールマガジン「ロジカルテニスのすすめ」
【完全無料】テニスの本質をギュッとまとめた2週間講義はこちらから!

オンラインテニススクール「テニスプレーヤー養成所」
慶應義塾大学卒の現役テニスコーチのレッスンがたったの1,000円で受けられる!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る