テニスのフットワークを良くするための筋トレ・トレーニング方法

テニスのトレーニング方法の中でも最も重視されるのは、フットワークを向上させるトレーニングメニューです。これは大体のジュニアや一般のプレーヤーが、自身のフットワークに不満を感じていることを表しています。

フットワークは確かにランニングやオンコートで動き回ることで良くなりますが、それ以上の成長は専門的なテニストレーニング法を知らなくてはいけません。

なぜなら、オンコートで動きの質を高めることに時間を割いていては、技術や戦術などのテニスの本質から離れていってしまう可能性があるからです。

ただ動き回るだけでは、テニスはうまくなりませんし、フットワークもこれ以上改善されないということに気が付いたら、今度はコート外で新たに筋トレを取り入れましょう。

テニスのフットワークを強化するトレーニング法とは?

テニスのフットワークを課題とする選手を今までたくさん見てきました。フットワークが悪いというと、振り回しをするとか、2on1でコートを走り回らせるという練習法を取りがちです。

でも、実はその走り回る筋力や能力がないからいくらそんな練習をオンコートでやっていてもフットワークが向上しないケースが多々あるのです。そこで、フットワークを向上させるトレーニングの例をこれから紹介していきます。

テニスのフットワークトレーニング1:フロントランジ

テニスのフットワークのトレーニング方法として、一番最初にやってほしいのはこのフロントランジです。太ももの大きな筋肉、大腿四頭筋やハムストリングスを鍛えられる他、股関節から大きく足を動かす感覚をつかむことができるようになります。

フットワークの悪い人ほど、足の先だけで地面をとらえ動いているのです。そのため、ふくらはぎやすね等の小さな筋肉でしか地面を蹴れない=動きも遅いし、パワーも伝わりにくい、という事になってしまうのです。

これは、足を前後に大きく開き、後ろの膝も前の膝も90°まで曲げて戻すを繰り返す単純だけどキツイトレーニングです。スクワットと同じような効果がありますが、このフロントランジの方がよりテニスの動きに近いため有効です。

テニスのフットワークトレーニング2:サイドランジ

これはフロントランジのサイドバージョンで、主にテニスで横に振られ、踏ん張るもしくは切り返す時に使います。フットワークの要である、切り返しの速さが、コートカバーリングの広さにつながります。

サイドランジは、テニスのトレーニングメニューとしてはフロントランジと同じくらい強度の高いトレーニングですが、これも足を左右に大きく開いても力を発揮できるくらい筋力が付きます。

まとめ

このように足を股関節から大きく使えるようにするトレーニングやふとももの大きな筋肉を鍛えるメニューが、テニスのフットワークを良くするトレーニング方法なのです。

この2つのテニストレーニングメニューをすることで、足が大きく使え、切り返しも速くなります。すると、余裕をもってボールに入れるようになり、ミスヒットも減るという好循環に入れるようになります。

皆さんも、理想的なフットワークを手に入れましょう。


☆もっと詳しくテニスの”本質”を学びたい方へ☆

無料メールマガジン「ロジカルテニスのすすめ」
【完全無料】テニスの本質をギュッとまとめた2週間講義はこちらから!

オンラインテニススクール「テニスプレーヤー養成所」
慶應義塾大学卒の現役テニスコーチのレッスンがたったの300円で受けられる!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る