テニスのフットワークを改善するための体幹トレーニングとは?

テニスの体幹トレーニングの方法は日々最新のメニューが出来る程、プロテニスプレーヤーも重視する筋トレです。

体幹はテニスにおいてストロークやサーブ、ボレー等全てのショットのバランスやパワーを生み出します。

また、体幹である腹筋や背筋を鍛えるとフットワークも改善されることがわかってきました!

ふくらはぎや太ももや尻等の足を動かす筋肉ではないのに、なぜ鍛えるとフットワークが良くなるのでしょうか?

もしあなたがフットワークに課題を抱え、トレーニング器具を使って足の筋肉を鍛えているのに改善されないのであれば、ぜひこのトレーニング方法をおすすめします。

テニスのフットワークの上達に効果のある体幹トレーニングの方法とは?

テニスを教えていると多くの方がフットワークで悩んでいるのを見ます。

たしかに、ボールが左右前後にスピードや回転量を変えて飛んでくるので、難しいです。特に長い距離を走らされた後にピタッと止まってボールをとらえるのは至難の業です。

しかし、フェデラーやジョコビッチはいくら動いた後でもしっかりと構えて、ボールを呼び込んで打っているのを見た事があるのではないでしょうか。

ここにはたくさんの要素が隠されています。股関節の柔軟性、リズム感、体幹部の強さと柔軟性、足の筋力などあげたらきりがありません。

その中でも体幹の強さは、足がボールに追いつくまでと追いついてボールをとらえる時に姿勢を保つために必要とされます。

ボールに追いつくまでに走る時は、下半身からのエネルギを使って打球の準備をするので、体幹部に上がってきたエネルギーを逃がさないようにする筋力が必要になります。

また、ボールを打つときはそのエネルギーを発揮しやすい上体の姿勢を保つ筋力が必要になります。

今回は、フットワークを良くする効果のある体幹の鍛え方について紹介します。

フットワークを改善する体幹の筋トレメニュー:フロントブリッジとサイドブリッジ

テニスでフットワークを改善するためには足と体幹部の結合部分を分けずに同時にバランス良くトレーニングすることが必要です。

この筋トレメニューは家や室内で行うことが出来ます。

特に強度の高いトレーニングではないので、毎日継続して行うとより効果的です。

具体的な体幹トレーニングであるフロントブリッジやサイドブリッジのやり方を紹介していきます。

本やDVDなどでも基本として行われる重要なトレーニング方法ですので正しいフォームで行うようにしましょう。

フロントブリッジはうつぶせになり両肩の下に肘を着き、体を持ち上げてキープするトレーニングです。

両肘とつま先の3点で体重を支えて身体を頭からかかとまでまっすぐに保つことがポイントです。

お尻が上がってしまうと腹筋の力が抜けてしまいますし、お尻が下がると腰が反り、怪我の原因にもなります。

サイドブリッジは、左右どちらかの肘を肩の下に着き、体を横向きにして足部の側面と肘の2点で体重を支えるトレーニングです。

これもかかとから頭までまっすぐにすることが重要です。

腹側筋を鍛えたいのでお尻が下がってしまったり、上から見て身体がくの字に曲がってしまったりしないようにしましょう。

まとめ

このように、体幹トレーニングのほとんどは下半身からのエネルギーを失うことなく上半身に伝えるために行うべきです。

簡単に言えば、バランスを整える役割があるトレーニングです。

しかし、鍛えすぎることで逆に固くなってしまい、機能が悪くなるということが最近は問題になることもあります。

程よくトレーニングをすることや、筋トレをしたらストレッチやマッサージなどでクールダウンとアフターケアを意識して行うようにしましょう。


☆もっと詳しくテニスの”本質”を学びたい方へ☆







関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る