テニスに使える筋肉を鍛えるファンクショナルトレーニングとは?

プロスポーツ選手の間でも流行しているファンクショナルトーニングをご存知でしょうか。

これはテニスの上達により効果的なトレーニング法と言えます。

和訳すると機能的なトレーニングなので、筋肉を鍛える方法というよりはよりフットワークやサーブやストロークの運動連鎖が上手に出来るようにするための筋トレやストレッチです。

トレーニングというとどうしても局部的な筋肥大や筋力アップを想像してしまいますが、テニスではどのショットも全身の運動連鎖で生まれます。

そのため、筋肉をただつけるのではなくバランスよい体に調整するために行うものという意識を持つ必要があります。

つまり、テニスにとって最新のトレーニング法であるファンクショナルトレーニングはとても効果的なトレーニングなのです。

今回は、「ファンクショナルトレーニングとは?」という初歩的なところから初心者でもできるトレーニングメニューの仕組みを紹介します。

テニスが上手くなる!?ファンクショナルトレーニングとは?

そもそもファンクショナルトレーニングとは何なのかというところから説明する必要があります。

先にも書きましたが、ファンクショナルトレーニングは人間本来の運動原則や理論に沿って、正しい体の使い方を体に教えるということが軸になっています。

このトレーニング方法を行うと、トレーニング効果を最大限に生みやすい体が作られて、重心と筋肉の連動がわかるようになるので、体のバランスが整えられます。すると、トレーニング後なのに体が軽く感じられるようになり、競技や生活に必要な要素を偏ることなく筋トレできる効果が見込まれます。

つまり、足から体幹、肩甲骨、腕、手首、ラケットへの運動連鎖がバランスよく上手く行えるようにするために最高のトレーニング方法と言えるのです。

テニスの運動連鎖を上達させるファンクショナルトレーニングの仕組み

さて、テニスの運動連鎖を上達させストロークやサーブの威力を上げたり、フットワークを改善したり出来るトレーニングメニューの仕組みを紹介します。

まずは、ファンクショナルトレーニングで筋肉を連動させるための基盤となる、重心位置と体の動かし方を本来のあるべき姿に戻すことが必要です。

重心位置は特殊な機械の上に立つと足にかかる圧力から図ることが出来ます。

大抵の人は日常生活の癖やテニスで正しい重心位置から左右前後にずれています。

また、体の動かし方も本来人間の骨格的に得意な動かし方をできている人は少ないです。

過度なトレーニングや普段の姿勢の癖から捻じれが起きており、動きもそれによって正しいものから大きく離れていることが多いです。

この2つの要素をまずは治すことで、体が軽くなるように感じる効果があります。なぜなら、今まで重心の位置がずれていたり、正しくない動きをしていたことで、不必要に体のどこかに負担がかかっていたからです。

まとめ

このように、体の本来持つ運動連鎖の能力を取り戻して鍛える、ファンクショナルトレーニングはテニスの上達に効果があるのです。

難しく考えがちですが、正しい重心位置と正しい体の動かし方を知るだけでも、テニスがかなり変わると思います。


☆もっと詳しくテニスの”本質”を学びたい方へ☆

SNS「慶應義塾大学卒テニスコーチの無料相談口」
【完全無料】テニスに関する全ての質問にお答えします!

無料メールマガジン「ロジカルテニスのすすめ」
【完全無料】テニスの本質をギュッとまとめた2週間講義はこちらから!

オンラインテニススクール「テニスプレーヤー養成所」
慶應義塾大学卒の現役テニスコーチのレッスンがたったの1,000円で受けられる!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る