テニスのトレーニング方法、サーブが上達する背筋の筋トレメニュー

テニスのトレーニング方法の中でも、サーブの上達に効果のある広背筋の筋トレメニューは質問が多く来る分野です。あなたも、背筋を鍛えるとサーブのスピードアップにつながるとアドバイスされたことがあると思います。しかし、鍛え方を間違えてトレーニング器具やウェイトを使い背筋がムキムキになっても、テニスは上手くならないです。

 

なぜなら、サーブ、ストローク、ボレー、スマッシュの基本のショットどれをとっても、地面から伝わってきたエネルギーを効率良く伝える運動連鎖によって成り立っているからです。つまり、体幹も含めた上半身の筋肉はその運動連鎖をスムーズに行えるようなトレーニング方法を取る必要があるのです。

 

あなたは、ただ筋トレマシンでガシャンガシャン言わせながらトレーニングをしていませんか?きちんとトレーニングメニューやスケジュールを作って戦略的に鍛えないと、バランスの悪いテニスに使えない体になってしまいます。

テニスのサーブの上達に効果のあるトレーニング方法、背筋を鍛える筋トレメニュー!

あなたはサーブの上達に効果のあるトレーニング方法を探して、このサイトに辿りついたのだと思います。また、どこかで背筋を鍛えるといいとアドバイスを受けた方もいるかもしれません。

しかし、背筋と言ってもどの部分の背中の筋肉をどうやって付ければいいのか分かっていますか?

 

背筋というとどうしても背中を反る筋肉だと思い込んでいる方が多いですが、サーブで背中を反ったところで特にメリットはありません。鍛えたい背筋は、広背筋といい肩甲骨の外側、脇の下に羽の様に広がる筋肉です。

 

そこで今回は、広背筋の筋トレメニューを紹介します。

広背筋も含めてバランスの良い体をつくろう!

広背筋も含めてバランスの良い体をつくる

テニスのサーブのスピードアップにつながる広背筋の筋トレメニュー

広背筋を鍛えるトレーニング方法は、トレーニングジムや器具を使ったものが多いのですが家や身の周りで代用できるトレーニング方法を紹介していきます。自分のレベルに合った負荷で、無理しすぎないようにしましょう。背中は怪我をしてしまうと、固定が出来ず治りにくい場所ですので気を付けましょう。

 

まず、基本となる筋トレメニューは、ベントオーバーローイングです。この広背筋のトレーニングを家で行う際にはダンベルがあればそれを使っていただければいいのですが、ない場合はペットボトルに水を入れて重り替わりにしたり、チューブを使って負荷をかけるようにして下さい。

動画の説明通りに行うとかなり効果が期待できます。しかし、最初の内は重さをあまり上げずにどこが広背筋でどのように使うのかだけを意識できるようにして下さい。鍛えるというよりかは自分の意思で使えるようになることを目標にしてください。

 

また家の近くに公園がある方はこの方法もおすすめです!自重で行うトレーニングですので、道具いらずなのがいいでしょう。ウォーキングやジョギングがてら行ってみてください。

この筋トレは、いわゆる懸垂です。最近では運動公園などで、懸垂用のぶら下がり棒があったりしますので探してみてください。

まとめ

このように、サーブを上達させるための広背筋は鍛えます。広背筋を鍛えると腕を肩甲骨を支点に引き寄せる運動が出来るようになるので、今までよりも足からの運動連鎖を使って大きな腕の振りをできるようになります。広背筋が足りないと、どうしても体幹まで登ってきたエネルギーが上手く肩に伝わらず、手打ちになってしまうのです。

 

また、トレーニングをする際にはテニスの何にいかされるのかをしっかりと意識しながら筋トレをすることが上達への最短ルートです。

 

広背筋を鍛えて、サーブを劇的に変えましょう。


☆もっと詳しくテニスの”本質”を学びたい方へ☆







関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る