テニスのストロークで強く重いボールを打つトレーニングメニュー

テニスでよく、重いボールという表現を使います。しかし、実際にボールが重くなることはないですよね?

確かに、テニスをしていると上手い人のストローク程強く重いボールに感じるのです。

では、実際にストロークで軽いボールを打つ人と重いボールを打つ人の差はどこにあり、どのようなトレーニングメニューを行えば、いいのでしょうか?

トレーニングで筋肉を付けて体重を増やすようなメニューをこなせば、ボールに自然に体重がのって重くなる、というのは嘘です。

体重が乗るって何ですか?

このように、テニスの世界では表現的に間違ってしまっているにもかかわらず、当たり前のように信じられていることが多いのです。

プロの様に相手を押すようなボールを打つにはどうすればいいのでしょうか?

テニスで重いボールを打つためのトレーニングメニューとは?

具体的なトレーニングメニューの前に、テニスにおける「重いボール」の正体を知っておかなくてはいけません。

それは、相手が思い通りに打てない球のことを指すのです。

相手は思い通りの打点で打てなければ、押されたと感じて結果的に重いボールが来たと感じるのです。

それは、バウンド後普通ならば失速する球が強いトップスピンによって生きているように跳ねあがってきたり、ライジングショットでいつもとは違うタイミングでボールが飛んできたりすることで起こります。

つまり、相手の予想を超えたボールを打つことが重い球を打つことにつながるのです。

では、そのようなストロークやサーブを打つためのトレーニングメニューについて考えていきましょう。

ライジングなどの特殊な技術の必要になるタイミングを変えるようなショットは今回は除外して、回転量を多くしてバウンド後もボールが生きるようなショットを打つためのトレーニングメニューをお教えします。

具体的には2つのトレーニングメニューがあります。「踏ん張るトレーニング」、「スクワットトレーニング」です。

1つ目は、自分の踏ん張る力と軸を保つ力を養うトレーニングメニューです。

これは、ショットを打つ際にエネルギーの源になる軸足の踏ん張る力を最大にする、スイングするときの軸をまっすぐに保ちロスを少なくするという2つの効果があります。

股関節を曲げ、テニスの構えのポジションをとります。この時しっかりと足の裏全体で体重を支え、体幹の軸を真ん中に感じる様にします。

ペアがいれば、その状態のまま肩を片方ずつゆっくり押してもらい、自分が押されてない側の軸足と体幹で姿勢を保っていることを確認します。

これを毎日練習の前に確かめるだけで、軸足の踏ん張りと軸が全く違ってくるでしょう。

2つ目は、踏ん張る力をより高めるスクワットトレーニングです。

先ほど確認した自分の踏ん張る力をより強くして、地面から得られるエネルギーを最大にして、スイングスピードを上げて回転量を増やすために足腰を鍛えます。

具体的なやり方に関しては、スクワットのやり方の記事にまとめてあるので参考にしてください。

まとめ

このように、重い球を打つにはスイングの原動力となる下半身の中でもより大きなパワーを生む太ももやお尻を鍛えて、踏ん張る感覚を養うことが大切なのです。

バウンドしてからも伸びる球を打てれば、相手もボールが重いと感じてくれるのです。

このように、テニスをしていると当たり前のように使っている言葉は疑ってかかってみてください。

本質はもっと違うところにあることが多いのです。

プロの様にシンプルでスムーズに強い球を打てるようになりましょう。


☆もっと詳しくテニスの”本質”を学びたい方へ☆

SNS「慶應義塾大学卒テニスコーチの無料相談口」
【完全無料】テニスに関する全ての質問にお答えします!

無料メールマガジン「ロジカルテニスのすすめ」
【完全無料】テニスの本質をギュッとまとめた2週間講義はこちらから!

オンラインテニススクール「テニスプレーヤー養成所」
慶應義塾大学卒の現役テニスコーチのレッスンがたったの1,000円で受けられる!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る