スクワットでサーブが上達!?テニスの太ももトレーニング・筋トレ

テニスのトレーニング方法として、スクワットは家でも室内でもできる便利な筋トレです。

この筋トレは足を鍛えているので、フットワークはもちろん良くなりますが、テニスで重要なサーブやストロークの上達にも効果があります。

特にサーブはトレーニング器具を使ってスクワットをすることでスピードアップと回転量を増やす効果があります。

サーブというと肩や腕の筋肉を鍛えて上達させようと思う方も多いと思いますがそれは間違いです。

テニスでは上半身はバランスの良い筋肉をつけておくのが理想です。

ただ追い込んでムキムキになってもテニスの上達にはほとんど効果がないのです。

逆に下半身はできるだけ強く鍛えることが重要です。その理由について今回は紹介していきます。

テニスのサーブの上達にスクワットなどの太ももの筋トレが効果的な理由

テニスの動作はフットワーク、サーブ、ストローク、ボレー、スマッシュどれをとっても共通したもので成り立っています。

それは、運動連鎖です。

地面→足→足首→膝→股関節→腰→肩甲骨→肩→肘→手首→ラケット→ボールという順番でエネルギーが伝わると一番効率良く動けるのです。

つまり、ラケットとボールまで強いエネルギーをぶつけるためには、最初に大きなエネルギーを地面からもらわないといけません。

その時に働くのが足の中で一番重い筋肉である太ももや臀部の筋肉なのです。

サーブでもどれだけのエネルギーで蹴り上げられるかがスピードや回転量に変わっていくのです。

その蹴り上げる力をどれだけ強くできるか、そしてそれをいかに効率よくラケットとボールまで伝えられる体であるかが重要なのです。

その模擬的なトレーニング方法でおすすめなのがスクワットです。

トレーニング器具やウェイトを使って、体幹部を安定させながら重さに耐え運動連鎖を感じながら下半身で上げ下げして鍛える方法なので、サーブの上達にはとても効果的です。

まとめ

このように、テニスのサーブのスピードアップや回転量アップには運動連鎖と足の筋力両方を効果的に鍛えられるスクワットのメニューがおすすめです。

スクワットは足だけでなく体幹部も強くしてくれるのがいいところです。

最初は重りなしで自重でやっても十分効果が出ます。

今度、スクワットをやって足を意識できる状態にウォーミングアップした状態でテニスをしてみてください。

今までよりも地面から大きなエネルギーをもらえるので上半身を楽にしていてもしっかりとボールが飛ばせるはずです。


☆もっと詳しくテニスの”本質”を学びたい方へ☆







関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る