テニスのトレーニング法!太ももを筋トレにはスクワットが効果的

テニスのトレーニング法として、ウェイトやマシンの登場でより注目されたのは、太ももの筋トレ方法であるスクワットです!

 

今でも、テニスのサーブやストローク、フットワークの上達に効果のあるトレーニング方法として、多くのジュニアからプロのテニスプレーヤーが取り組んでいます。

 

昔から、自重でのスクワットトレーニングは行われていましたが、今から考えると、反動も使いながら、ただしゃがんで立っての繰り返しだったあの筋トレは何だったのだろうと思いますよね…

 

トレーニングはより効果的であろうと思われるものに変化をしていくものなので、時代によって正しいことが変わってくるので、自分のこのトレーニングはいいという感覚に頼ることも大切です。
さて、このように自分に合ったトレーニング法を探すことが第一なのです。その自分に合ったテニスに効果のあるトレーニング方法とは…

テニスの上達に効果のある太もものトレーニング方法

先にも書きましたが、トレーニング方法は日々変化してきています。誰もが当時は正しいと信じてやってきたことが、今となっては何しているの?と笑われるのです。

 

そのため、誰かにこれをやれと言われたからやり続けるのではなく、まずは言われたことをやってみたり、今持っている正しいであろう知識と絡めながら筋トレメニューを考えたりするべきなのです。

 

つまり、私がこれから上げるテニストレーニングメニューもあなたがやってみてから変化を加えてみてください!

足腰はテニスにおいて一番重要です!

足腰はテニスにおいて一番重要です!

テニスの太もものトレーニング法1 基本スクワット

これは自重でも、ウェイトを使ったものでも構いません。自分の体力や筋力に合わせて重さを変えてみてください。

 

私はこのスクワットトレーニングこそテニスで最も必要なトレーニングであると考えています。

 

なぜなら、スクワットは体幹、股関節、太もも、膝、ふくらはぎ、すね

、足首まで体幹+下半身すべてのバランスと筋力を鍛えるのに向いている、多関節運動だからです。

 

また、多関節運動は基本的に初心者には難しいとされているのですが、スクワットは数個のわかりやすいポイントだけ抑えられれば怪我もしにくいトレーニングなのです。

 

まず、足を肩幅やや広めに開き、つま先は真っすぐ前向きにし、お腹に力を入れたまま背中を真っすぐにします。もし重りをもってやる方はこの時にはもう肩の上に左右均等に乗せておいてください。初めての方は何も持たなくて結構です。

 

その状態から、腹筋と背筋の力を抜かずにまっすぐに背骨を保ったまま、股関節を曲げお尻を後ろに突き出すように下げていきます。その時、膝がつま先より先に出ないように気を付けてください。膝の靭帯を傷つける危険があります。

 

大抵の人はここでつまづきます。鏡を見ながらやるといいのですが、股関節ではなく腰が曲がってしまう方が多いです。注意しましょう!

 

あとは下まで降りたら、また同じように背中をまっすぐにしたまま上がるだけです。これで1回です。まずはフォームを作ることを意識しましょう。

 

もしスクワットの正しい筋トレフォームが出来上がったら、伸張性伸縮を効果的にトレーニングに取り入れるため、ゆっくり下げて、から上げるようにしましょう。そうすることで、太ももの前の筋肉が伸ばされながらも筋力を発揮する時間が長くなります。

 

テニスの太もものトレーニング法2 応用スクワット

ここからはおまけです。よりスクワットの効果を感じたい方のための応用編です!

 

ゆっくり下げるのは変わりませんが、上げるときに太ももの筋肉とふくらはぎの筋肉を使って上に軽くジャンプするのです!自重でも十分です。

 

このスクワットの応用編を行うと、スクワットが多関節運動であることをより意識出来、大きな筋肉から小さな筋肉まで普段のテニスの運動連鎖で使うべき筋肉を鍛えられます。

 

私はテニスのサーブで両足で蹴るときのイメージや、ストロークで足から力を生み出すイメージを持ってトレーニングをしています。

 

まとめ

このように、大きな筋肉である太ももの前、後ろの筋肉を中心に、背筋、腹筋、ふくらはぎ、すねなどの下半身から体幹にかけてを同時に鍛えられるスクワットはこれからも動きの基本トレーニングとしては残っていくと思います。

 

なんでも、自分に合ったトレーニング法やある程度理論的に正しいこだわりを持つことが一番大切なのです。だから、どのテニスプレーヤーも同じトレーニング方法ではないのです!

 

さて、あなたに合ったテニスの上達に効果のあるトレーニングを知りたいなら…


☆トレーニングをするなら読んでおきたいページ☆
「トレーニング+プロテイン」ではもう古い!?
あなたのストレッチは30年遅れ!体を整える本物のストレッチとは?



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る