テニスのトレーニング方法!家で出来る体幹の筋トレメニュー

テニスのトレーニング法の中でも、最近重要視されている体幹トレーニング!今までも、腹筋や背筋、ウェイトやマシン等のトレーニング器具を使った筋トレメニューはありましたよね。

 

しかし、トレーニング理論を知らずに表面的にテニスのトレーニングメニューを考えている人が多く、闇雲に回数や時間をかけてテニスの上達にあまり効果のない筋トレをしているのです。

 

そんな状態であっても、科学的な、とか、プロテニスプレーヤー○○のトレーニングメニューとかいう言葉に騙されてやってしまうわけです!

 

もちろん、そのプロテニスプレーヤーに効果のあるトレーニングをトレーナーが考えているのでしょうが、あなたに効果のあるテニストレーニングメニューである保証はありません!なんでも段階ってありますよね。

 

さて、あなたの体幹トレーニングはきちんと理論に沿ってできているのでしょうか?本物のテニスの上達に効果のある体幹トレーニング法を知りたい方は…

テニスの体幹トレーニング法!動的な筋トレメニュー

さて、このサイトでは他の記事で正しい体幹トレーニングの方法や静的体幹トレーニングメニューを紹介してきました。最近はそちらの方が主流なトレーニング方法かもしれませんね!

 

しかし、昔からある腹筋や背筋の王道的なトレーニングもテニスの上達には欠かせない要素を持っていることには変わりありません。

 

そこで、今回はテニスに効果のある動的な体幹トレーニングメニューを紹介します!

体幹の筋トレをすると軸がしっかりする!

体幹の筋トレをすると軸がしっかりする!

テニスの体幹トレーニング法1 基本となる腹筋の筋トレ

みなさんは腹筋の筋トレというと、立膝をして起き上がるものを思い浮かべますよね?しかし、そのトレーニング方法は反動や脚の付け根の筋肉を使ってしまうので、腹筋に直に負荷をかけることができません!

 

正しい腹筋の鍛え方は、腹筋を上部、下部、横に分けて意識することが大切です。

 

その腹筋のトレーニングをできるようになると、テニスではフットワークの際の上体のバランスが良くなったり、サーブやストロークを体幹で打てる感覚が付くようになります。

 

その方法は、下の動画を見ながら確認するのが一番ですが、クッション等を股にはさんで腹筋下部→腹筋上部→腹斜筋の順で鍛えるのを1回として10回程度行います。

 

テニスの体幹トレーニング法2 基本となる背筋の筋トレ

いわゆる背筋の筋トレメニューであるバックエクステンション、背中を反るようなトレーニングも間違えた方法で行っている人が多いように思います。

 

魚が跳ねるみたいに一気に上がって、一気に下がる筋トレになってはいませんか?今回は、正しくバックエクステンションで背筋を鍛える方法を紹介します。動きがシンプルだからこそ、間違うと全くトレーニングにならないのです!

 

やり方はうつぶせになり、お腹の力を抜かずに腰を反らないように背中とお尻の筋肉を体の中央に寄せてくるようにイメージして胸をあげていきます。それを同じくらい時間をかけて下げてくるを10カウントする間に行うだけです。

 

このトレーニングをするとテニスで左右に振られたときにでも正しい姿勢でボールを打てるようになります。

 

詳しいやり方は動画を参照してください!

まとめ

このように、今まで信じてやっていた体幹の動的な筋トレである腹筋や背筋ももっとやり方にこだわって、回数やセット数だけがすべてではない事を知る必要があります。

 

また、自分の体の鍛え方に正しい知識とこだわりを持てると、自分の今のコンディションについて正確にわかるようになるので怪我も減ります。

 

さて、あなたのトレーニング法は本当に理論に忠実でシンプルですか?本物のトレーニングを知りたい方は…


☆トレーニングをするなら読んでおきたいページ☆
「トレーニング+プロテイン」ではもう古い!?

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る