テニスでサーブが速くなる肩のトレーニング方法!

テニスでサーブのスピードアップや回転量を増やす練習方法を試しても上手くならないと悩んでいる方は多いです。今回は、その悩みを解決し、サーブのスイングスピードが速くなる肩のトレーニング方法を紹介します。スイングが速くなれば回転量もスピードも速くなります!

 

確かに、練習法を工夫するとサーブはある程度まで改善されますが、自然な動きで肩が動かないとある程度で限界が来ます!その肩の自然な動きをつくるために筋トレをするのです。また筋トレをすることで、今まで使えていなかった肩の筋肉を鍛えるだけでなく、意識して使える筋肉に変えていく効果もトレーニングにはあるのです!

 

さて、あなたは自分のサーブに満足していますか?もっと上達したいからこのページにたどり着いたのだと思います。ぜひ今とはレベルの違うサーブを手に入れてください…

テニスの肩のトレーニング法、サーブが上手くなるとはどういうこと?

先に断っておきますが、ただ闇雲に肩の筋肉を鍛えるだけでは、ほとんどサーブのスイングスピードアップにはつながりません!今までよりも早くラケットを振るために必要な筋肉に必要なだけ刺激を送ることが今回の筋トレの目的だと思ってください。決してムキムキになることはありません!

 

突然ですが、サーブでの肩の役割とは何でしょうか?

 

肩はサーブの時の腕の運動の支点であり、腕の回転の中心になります。下半身から上がってきたエネルギーを肩を中心にしてどれだけ大きくしてボールに伝えるかというのが肩の役割です!

 

もしサーブの時の肩甲骨より先の動きを単純な円運動としたら、打点の前に回転半径を一気に縮めることが出来たら、スイングスピードを速くすることが出来ます。これは俗にいうプロネーションが出来るようになるというのとほぼ同じです。肩が自然と捻じれるように、肩の筋肉に動きを覚えさせるトレーニング方法が必要となります!

肩の綺麗なプロネーションがサーブの上達の鍵!

肩の綺麗なプロネーションがサーブの上達の鍵!

テニスの肩のトレーニング方法、キャッチボールでサーブは速くなる!

さて、自然なプロネーションをできるように肩を鍛えるにはどうすればいいのでしょうか?その方法は誰もがしたことのあるキャッチボールです。

 

テニスボールではボールが軽すぎるので、野球ボールを使ってキャッチボールを行ってください。肩甲骨より先の力を完璧に抜いてピッチャーのイメージで体重移動だけでボールを投げるのです。

 

すると関節の自然な運動方向に肩より先が動くのでそれがプロネーションだと体に覚えさせるのです。それを数回反復したらラケットに持ち替えて、投げるようにサーブを打つのです。すると綺麗なプロネーションが出来るようになるのです!

まとめ

テニススクールによってはメディシンボールを使ってサッカーのスローイングのようにボールを投げるトレーニングを行う方法もありますが、キャッチボールの方が自然な足からの連動とプロネーションが覚えられていいですよ!

 

このように、テニスに野球の動きが生きたり、逆にテニスの動きが他のスポーツに生きたりするのがスポーツの面白いところです。錦織選手はボクシングをフットワークトレーニングに取り入れているそうです!

 

自分に合ったトレーニング方法を考えられるところまで行ったらあなたも上達するのは時間の問題ですよ♪


☆トレーニングをするなら読んでおきたいページ☆
「トレーニング+プロテイン」ではもう古い!?

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る